トップページ > 3/27(木)~ 「-みえてくる- 横尾哲生展」

3/27(木)~ 「-みえてくる- 横尾哲生展」

主催:川越市立美術館

●-みえてくる- 横尾哲生展

横尾哲生《創想の-Ⅰ》2006年

【開催趣旨】
 埼玉大学教授・横尾哲生(1955-)の展覧会を開催します。職業訓練大学校で木材加工を修得、その後東京藝術大学大学院にて形成デザインを学んだ横尾の作品は、それぞれの樹種の特性をふまえてなお個々の木のきもちまでくみとったもので、「木」をある意味「あるべき姿」に戻したものとも思えます。本展でも木の荒々しい部分、すべやかな内面、大きなものから小さなものまで種々の表情を見ることができ、作家の木への愛情を存分に感じられるものとなるでしょう。また、視覚障害を含む美術初心者のためにある本コーナーにふさわしい、五感をいかした鑑賞が可能となることでしょう。会期中には作家によるワークショップを実施、木にじっくりと向き合い・触れ合い、できあがった作品はコーナーに展示する予定です。

【 会  期 】平成26年3月27日(木)~6月22(日)
【開館時間】午前9時~午後5時
【 休 館 日】毎週月曜日(5/5は開館)、5/7
【 会  場 】川越市立美術館1階 タッチアートコーナー~エントランス
【 観 覧 料】無料
【 主  催 】川越市立美術館

【関連事業】ワークショップ「みえてくる -おもいが-」
      
       内 容 :身近にある木を見つめ直すところから始め、主に川越市内で採集した材を
           使って自分のなかからだいじなものを生み出します。できた作品は会期中
           タッチアートコーナーに展示予定。
       講 師 :横尾哲生(出品作家)
       日 時 :平成26年5月17日(土) 午前10時~午後5時
       対 象 :小中学生の親子 10名
      参 加 費:500円(材料費)
      申 込 み:4月29日(火)午前9時から、電話またはFAXにて当館まで
       場 所 :川越市立美術館 創作室

【関連事業】1978年 労働省雇用促進事業団職業訓練大学校建設系木材加工科 卒業
      1983年 東京藝術大学大学院美術研究家修士課程 形成デザイン専攻 終了
       現在   埼玉大学教育学部教授


■川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30-1
TEL 049-228-8080
FAX 049-228-7870
URL:http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/