トップページ > 2/25~ 大きいゴジラ 小さいゴジラ展

2/25~ 大きいゴジラ 小さいゴジラ展

川越市立美術館からのお知らせ

●大きいゴジラ 小さいゴジラ展

ゴジラ展チラシ表
ダウンロード → チラシ表(2.2MB)(PDF)
ダウンロード → チラシ裏(2.2MB)(PDF)

【 会 期 】平成26年2月25日(火)~3月30日(日)
【 会 場 】企画展示室
【 観 覧 】無料

【 主 催 】川越市立美術館、長沢秀之
【 協 賛 】武蔵野美術大学


 戦後間もない1954年に制作された映画に登場する怪獣・ゴジラ。 誰もが何かしらのイメージを喚起するユニークな存在となって今も各々の心に生き続けているゴジラですが、未曾有の震災を体験して しまった今、私たちの目にはまた特別な感情を持って映るのではな いでしょうか。
 画家・長沢秀之は、元来のゴジラを「大きいゴジラ」、それに対して2011年3月11日に生まれたゴジラを「小さいゴジラ」と設定し、学生に3cm程度のマルの中に収まる、文字通り「かわいい恐怖」ともいうべき小さいゴジラの制作を募集、ともに制作しました。また、「わたしたちの日常のなかにいるゴジラ」として、学生は「ゴジラ」をキーワードに普段の思いや違和感を描き出しました。この活動は、2012年、武蔵野美術大学教職課程による活動「旅するムサビ ムサびる!Ⅱ」内において、小平市立第二中学校の一教室を会場に展示、発表され、その空間は「ゴジラ」という媒体を通して表出された、2012年現在の「今」で埋め尽くされました。
 本展では、上記活動の場を教室から美術館へと移し、2012年活動時の作品とともに、新たに制作された作品や立体、マンガ、アニメーション、現在の小学生や市民の作品も展示します。会期中、来館者が会場で「小さいゴジラ」「日常のゴジラ」を制作し、展示に加えられるコーナーも設けます。
 「ゴジラ」をキーワードに、つくること、かくこと、見ることの楽 しさに触れ、それをとおして過去の出来事や歴史に目を向ける機会になれば幸いです。それはかけがえのない私たちの「今」とつながって います。


■川越市立美術館
〒350-0053 川越市郭町2丁目30-1
TEL 049-228-8080
FAX 049-228-7870
URL:http://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/