トップページ > うなぎ料理

うなぎ料理

川越には歴史あるうなぎ屋が多数あります。川越でうなぎがさかんになったのは江戸時代。豚など肉類を食することを禁じられていた当時、周りに海がないこの辺りで生活していた人たちのタンパク源となったのが入間川や荒川、多数の河岸でとれる、鯉やどじょう、そしてうなぎでした。
そしてそのうなぎを調理するのに利用されたのが特産品として有名であった醤油でした。
この醤油を使ったおいしい蒲焼は平賀源内の「土用のうなぎ」説から瞬く間に庶民に広まったと言われており、現在に至っております。
戦前までは地元産のうなぎが市場にでまわっていましたが現在は各地から新鮮なうなぎを仕入れるようになりました。
そしてそれぞれのお店でじっくりと熟成させたオリジナルの歴史ある秘伝のタレを使用して、伝統の味を守りつづけております。