トップページ > さつまいも料理

さつまいも料理

川越といえばさつまいもです。
「九里四里(栗より)うまい十三里」という口上でも有名です。
昔は地元でとれたお芋を焼き芋にして、庶民のおやつとして食されておりました。
また、戦中戦後の飢餓の時代に多くの人々を救ってもくれました。
残念ながら現在では地元での収穫高が少なくなっておりますが、全国からさつまいもが集まっており、相変わらずさつまいもの町として活気づいております。
昔はただ焼いたり蒸したりするだけがさつまいもの食べ方でした。しかし、変わりゆく時代の中で、その道を極めた料理人の方々によってさまざまな調理方法が生まれ、今では数えきれない種類のいも料理を味わうことができます。日本でも数少ない「芋懐石」をはじめ、「芋そば、うどん」、「デザート」などなどレパートリーは豊富です。
さつまいものいろいろなおいしさを発見できます。