トップページ > 氷川神社

氷川神社

参道にそびえる高さ15mの明神型の大鳥居。
境内には樹齢500年を超える木々で満ち溢れ、欅のご神木が風にざわめく。
ここ川越氷川神社の歴史はたいへん古く、古墳文化が伝えられた6世紀、欽明天皇の御代に武蔵一宮である大宮氷川神社を分祠したことに始まったといわれている。以後、太田道灌が川越城を築城して以来、当地の総社として崇敬され、「お氷川様」と呼ばれ親しまれてきた。
江戸彫りといわれる精巧な彫刻が施された社殿は天保13年(1842)、当時の城主松平斉典が寄進し建立したもので、朱色が鮮やかな鳥居(写真)の中央に記された社号額の文字は勝

海舟の手によるもの。本殿をはじめとする建物は江戸の文化を今に伝える貴重な財産として、昭和31年埼玉県指定文化財に登録された。夫婦の神様を祀っていることから「縁結びの神」として信仰され、毎年多くのカップルが結婚式を挙げており、お日柄の良い日には白無垢を着た花嫁さんを見ることもできる。10月中旬に行われる川越まつりはこの神社の例大祭の付祭りである。8月には川越氷川の杜「薪能」、2月には春になって小学校に上がるお子様達の交通安全・学業成就を祈願するランドセルお祓い式など、年間を通してさまざまな行事が行われる。緑豊かな境内は参拝者のみならず、四季折々の彩を楽しむ市民の憩の場所としても親しまれている。