トップページ > 川越の漆器

川越の漆器

1967年から川越で漆器(彫刻と漆)の仕事をしています。
お盆、花器、茶托、箱物など木地に文様を彫り、仕上げる鎌倉彫から、布と漆で作り上げる乾漆・三彩彫・漆絵額・沈金・蒔絵・三二獅子頭・装身具など色々、一品作品を作っています。
又川越の町並黒漆喰壁をイメージした川越塗りを作っています。

うるしの里 桂
所在地 川越市霞ヶ関北2-11-3
連絡先 049-231-5462